仕事運・金運アップ!金運神社の選び方


全国各地の金運神社を上手に選ぶポイントは?

北海道から九州、沖縄まで全国各地に金運神社がどれくらい鎮座しているのでしょうか。自宅の近くにたくさんの金運パワースポットが鎮座していて、どこに行ったらいいのか、迷ってしまうこともあると思います。

ここでは、金運神社を上手に選ぶポイントについて、ご紹介していきたいと思います。近くに金運神社があれば、参拝して商売繁盛や仕事運アップ、宝くじ当選を祈願するのも良いでしょう。

気になる神社があれば、神社の参道や境内、鳥居がどのような感じなのか、ガイドブックやインターネットなどで下調べをしておくと良いですね。金運神社によっては、境内が広いところもあれば狭いところもあります。しかし、神社の規模の大小は関係なく、御神木がある神社、手水舎がある神社を選びたいものです。手水舎は身と心を清める聖地であり、御神木は神様が宿る聖地です。


金運神社の御祭神で選ぶ

全国各地、どの金運神社に参拝しても、それぞれ御祭神がついています。御祭神とは、その神社に祭られている神様のこととを言い、御祭神には有名な人物が亡くなった後に祀られている神社もあれば、日本の神話に登場する神が祀られているところもあります。

神社には昔から学問や試験合格祈願の神様で有名な神社もあれば、勝負運に強い神社、縁結びの神社、金運神社などいろいろあります。金運神社として有名な神社は、神社の名前に「金」や「宝」の文字が入った神社もあれば、御祭神に富をもたらす神様が祀られているところもあります。また、鳥居や本殿、拝殿の色が金色に染められている神社もあります。

金運をもたらす神様として知られているのが、七福神の恵比須様や人々に平和と富をもたらすと言われる天照大御神、商売繁盛の神とされる少彦名命などがとくに有名ですね。気になる金運神社があれば、どのような御祭神が祀られているのか、調べておくと良いですね。



ピックアップ

 

スポンサードリンク

仕事運・金運アップ!金運神社の選び方