金運神社で厄祓いするにはいつがいい?


金運神社に参拝する前に厄年について知っておこう

今年こそは商売繁盛・仕事運向上を目指して金運アップしたい!と思っていても、人それぞれ運気には違いがあるので、なかなか思い通りにはいかないこともあります。

金運神社に参拝する前に、長年に渡って体と心にしみついた邪気やけがれを払いましょう。
長い人生の中には、厄年と呼ばれる年があり、大きく3種類に分けると前厄・本厄・後厄と続きます。
男性は、数え年の24~26歳までが厄年で本厄は25歳、41~43歳までが厄都市で42歳は大厄と言い、男性の人生の中ではもっとも大きな厄年とされています。

女性の厄年は数え年の18~20歳までで、19歳が本厄です。さらに32~34歳が厄年で、33歳が大厄です。36~38歳が厄年で37歳が本厄です。男性よりも女性のほうが厄年の期間が長くなっています。厄年の期間は、とくに本厄・大厄の年には厄払いをしてもらうと良いでしょう。


金運神社で厄払いをしてもらう時期はいつ頃が良いの?

厄年は、長い人生の中で誰もが経験することですから、あまり深く考える必要はなく、本厄・大厄の年には、金運神社に行って厄祓いをしてもらうと良いでしょう。厄祓いの時期は、年中いつでも良いと言われてはいますが、年が明けたらできるだけ早めにお祓いをしてもらったほうが、安心ですよね。

今すぐにでも金運アップしたい!と思うのなら、お正月が開けて間もないうちに、神社でお祓いのご祈祷をしてもらうと良いでしょう。1年の計は元旦にありと言われているように、お正月のうちに厄祓いをしてもらうと、心身ともにスッキリとすがすがしい気分になります。とはいっても、お正月から仕事始めの時期にかけては、個人・法人ともにご祈祷をしてもらう人が多いので、待たされることがないように、できるだけ早めに神社に行くと良いですね。

お祓いによって、心身ともに清められるので、金運とともに良い運気をしっかり取り込めることでしょう。



ピックアップ

 

スポンサードリンク

金運神社で厄祓いするにはいつがいい?